2017年1月15日日曜日

おNewなPCモニタを使い始めてみた (^^)

週の連休、日本橋で入手してきたおNewなPCモニタ。 ひとまず掃除に手間取ったというのはあるものの、古いヤツをガマンして使っていたのとささっと交換。 画面も一回り広くなって快適になったという状況ですな。


いモニタをどけて、散乱していた作りかけのパーツや資料なんかも片付けてお掃除やっつけ、ようやく設置が完了したところ

まぁお値段の方は一昔前のことを考えると信じられない位安い値段で買えたんだけど、パネルはIPSで視野角も広いし、今回は不良ドットもなく画質も良好で、まぁ値段以上のものは得られたのではないかと思う次第。

ではでは、梱包を解いて付属品を確認するあたりも (こちらは総じて手抜きが目立つんだけど・・・) 簡単に行っときましょ~かね


ち帰ったモニタの梱包箱 (再掲)。
これを持ち帰るときに感じたのは、以前にモニタを購入したときに比べて「軽くなったな・・・」ということか(笑)



りあえず梱包箱を開けて中身を出してみたんだけど・・・ 総じて梱包状況は「雑」ですな
付属品は、発泡スチロール製緩衝材の凹みに放り込んであるだけ。 ご本尊の入れてある袋も、テキトーにかぶせてあるだけで余白を整えることもせずにそのまま緩衝材に「ポイですな。



本尊を袋から出してみたところ。
主要な樹脂パーツにはキズ防止のフィルムが貼り付けられており、梱包の手抜きと対照的。 LCDパネル表面のフィルム(おそらくノングレア処理のためのもの?) を誤って剥がす人がいるのか、注意書きの紙片が添えられていたのには笑わせてもらいましたゾ。


出力端子はこんな感じで。
向かって左側から、HDMI、DVI、アナログRGB、HDMI音声出力、電源入力。 電源はACアダプタを使うので、フツーのDCジャックが取り付けられている。 電圧は19Vなのだが、さすがにワールドワイドなメーカーさんなので、JEITA仕様のDCジャックではないと。
それと、HDMI音声出力端子。 このモニタにはオーディオアンプやスピーカーは内蔵されていないので、外部にアンプを付けて HDMI音声が聴けるようにと、ディエンベデッダーと出力端子が備えられているということになるのかな。 まぁスピーカーとアンプを省略できるメリットはあるにしても、コネクタとディエンベデッダー、周辺回路のコストを考えると、それほど劇的な効果にはならないような気もするんだけどね。



後は付属品ね。
紙のマニュアルと保証書、付属品リスト、CD-ROMがまとめて袋に入っていたけど・・・ しわくちゃでしたwa  紙のマニュアルには当然ながら最低限のことしか書かれておらず、詳細はCDのpdfを見ろということですな。

ケーブル類は、HDMIとアナログRGBの信号ケーブルのみが添付されており、DVIケーブルは別売(苦笑; まぁ他の付属品で添付されていたケーブルがあるんで無問題ではあるけど、最近のトレンドも変わってきているんで、この辺りの選定も色々ありそうですな。

はい、とりあえずおNewなモニタが使えるようになったところで・・・ 次はKVMも新調せんとね(笑)
ではでは、ひとまず今日のところはこの辺で・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿

記事の内容に無関係なコメント投稿はご遠慮下さい m(__)m
※「コメントの記入者:」欄で、「名前/URL」を選択すると、ペンネームのみで投稿いただけます。
※HTMLタグ(一部除く)、絵文字、テキストの装飾は使用できません。
※現時点で iPhoneからのコメント投稿ができない制限が判明しています。 ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい m(__)m