2018年11月18日日曜日

昨日11月17日のお買い物@大阪日本橋

の木曜日だったか、金曜日だったかのタイミングと思うが、職場の休憩中にデジットさんの Blogを見せていただいてちょっとばかりピピンと来たものを発見。 特売品のスイッチング電源ユニットではあるんだけど、その他にもいくつか調達しておきたいアイテムが出てきたということで、日本橋電気街訪問のタスクをセットしてみた。 週ナカの天気予報では土曜から日曜にかけての天候はスッキリしない予想だったのでちょっと気分が乗らないところもあったんだけど、土曜日の朝になったら降水確率も下がってエエ感じでしたな(笑)

ということで、昨日11月17日は午後から少しゆっくり目に日本橋電気街へと向かってみた次第。


近は工作ネタで高圧電源関連の話題が続いた関係で、ちょくちょく耐圧高めの電解コンやリカバリタイムが短かそうな FRDを漁ったりしているんだけど、今回はその延長線上で特売品の電源ユニット、それに一次側のバイパス用に使えれば良いかなと考えて、インピーダンスが低くてリップル耐性がありそうな電解コンがメインかな。 それ以外に購入したのも含めて、とりあえずこんな感じで

2018年11月15日木曜日

10月の電力受給・・・ とりあえず天候がまともだったんで期待だけは(笑)

10月分の電力受給。 本来過ごしやすい季節のはずの 9月~10月なのだが、何となく前月天候不順からスタートしてしまったんで10月分こそは・・・ という期待が強い今日この頃(笑)

さすがに 10月は気温が高すぎたり低すぎたりというのもなく、電力の消費は少ないはずなので、日照条件さえ整えばそれなりの成績にはなってくれそうな期待はあるんだけどね。



10月分の売電は 179Kwh7,518円、買電は前月よりも気持ちだけ下がって 212Kwh5,270円。 何とか売電差益の御利益に与れて、収支プラスに持ち込めたというところかな
昨年実績との比較では、売電は 112Kwh → 179Kwh と増加、買電の方は 252Kwh → 212Kwh とこちらも減っているんで、なかなかエエ感じですな。 まぁ前年の記録を見ていると、ちょうどこの時期に天候不順なタイミングだったようで、ある意味時期がズレただけかも知れんけど

はい、冬は間近というところではあるけど、もう少しだけ天候に恵まれることを期待 しつつ、今日のところはひとまずこの辺で・・・ としておきましょ~かね

2018年11月13日火曜日

最近不調気味のプリンタを分解掃除してみる・・・ の巻

近は自分でも資料なんかをカミに印刷して残すという行為はあまりしなくなってきたような気がするのだが、たとえば人に何かを頼もうとしたときなどに説明しやすくする意味なんかでも資料は有用なので、気軽に印刷できる環境を温存しておくことはやはり必要だとも思う次第。

さてさて、つい最近プリンタを使おうとしてとあるアプリから印字をスタートさせたんだけど、カミを吸い込んだあとそれが検出されずにそのまま吐き出されてしまった。 これまでにも吸い込んだカミがそのまま吐き出されることはたまにあったのだが、最近どういう訳か頻度が増えてきたような気がしていた。 たまに給紙が失敗したときはそのまま手動で給紙すれば大大丈夫なパターンだったんで自分が介入することでしのいでいたのだが、今回の件は何度リトライしても吐き出されてしまうのに根負けして印刷自体を諦めてしまったというトホホな状態だ。

今使っているプリンタは EPSONの PX-G5300という A3対応のそこそこなヤツではあるのだが、何だかんだと買ったのが 2009年10月なんで、もうかれこれ 9年か。 そろそろ老衰期突入だろうから、このテのトラブルもあって当然なのかも知れませんなぁ (苦笑;


回プリンタを買い換えた時もそうだったんだけど、12月に入ると年賀状の準備をしないといけないので、万一不調が解消できないならその手当も必要。 とりあえず分解掃除をやっつけて、買い換えの検討が必要か否かの判断材料にもしておこうかと思う。

ということで、早速この日曜日の午後を作業に充ててみたのだが・・・ う~ん・・・ 何ですかこの はめ込みパズルのような筐体設計
何となく分解するだけで疲れてしまった というのが実際のところなんだけど、このあたりの顛末をひとまずさらっと記しておこうかと

2018年11月10日土曜日

お、例のクレジットカード会社からの郵便物・・・ ようやく不正利用の処理完了かな (^^)

し前、クレジットカードの不正利用の被害に遭ってしまい、その際の経緯について記事に記させてもらったのはまだ記憶に新しい。 その際の対応から約 2ヶ月が過ぎ、例のクレジットカード会社からの郵便物が送られてきたのを発見した次第。

「ようやく決着が付いたか・・・」 というところではあるけど(笑) 早速開封してみますかね。 はい。


や、その際のカスタマーセンター担当者によると、保険が下りない可能性もゼロではない ということだったんで、この時点ではまだ不発弾 の可能性もあるんだけど・・・ まぁその時は別途考えましょ

2018年11月8日木曜日

車載用DC/ACインバータを真空管アンプ用電源にアレンジしてみる・・・ (Part-9)

回 Part-8では、DC/ACインバータ本体の主要回路が搭載されている基板に手を入れて、二次側出力を倍電圧整流して使うための改造方法について説明させていただいた。 元々基板に実装されていた面実装タイプの FRDを基板ごと切り出して再利用する方法についても記させてもらったのだが、一方でバラして組み直す場合も視野に入れて、市販品のテキトーな FRDを使う場合の選び方についてもツボを押さえておきたいと思う次第。


の写真は、Part-7と Part-8で使った実験環境にさらに手を入れ、評価したいダイオードにかかる電圧と、流れる電流の波形をモニタできるようにしてみたところ。 オシロスコープで波形をモニタしながら負荷抵抗を取り替えて、 FRDで重要になる ダイオードにかかる電圧が反転して OFFになった瞬間の挙動を調べてみたいと思う。