2018年3月7日水曜日

マジックアイのテスト環境を増強しておくか・・・ の巻 (Part-1)

前からたまに新種のマジックアイを入手すると、にんまりしながら動作チェックをするパターンが続いていたんだけど、そういえば昔々に入手してから動作状況の記憶がないまましまい込んでいたヤツがあったんで、時間の取れるときにでもテスト環境を増強しておきたいと思っていたところ。


手しているタマ数の関係で、MT管 9Pinのヤツはすでにテスト環境が出来上がっているのだが、UZ 6Pinベースのご本家 6E5系統のヤツとか、MT管 7Pinベースの環境も必要だなぁと、以前に作成してあったものをベースに追加のソケットをぶら下げてみた次第。

そういえば、今回使った UZ 6Pinのソケットもはるか昔にデジットさんで購入したものですな。 購入した当初から用途は変わっていなかったハズではあるんだけど・・・ まぁ漲ってくる度合いの問題ということで(爆;


速、増設した MT管 7Pin用のソケットに装着テストしてみた 6M-E10
このタマはトランスレス 5球スーパー用なので、B電圧の規格値は 110V。 やはりというか、そのままではちょっと暗いかな・・・ という感じですな。 モノは試しということで、あと10~20V程度B電圧を上げてドーピング状態にしてやると、それなりに見栄えがする ことは確認済みね。


屋の照明を落としてみると・・・ さすがに周りを暗くすれば OK。 エエ感じですな

まぁこのタマは 1本しかないし、今のところ増備する予定もないんで、ひとまず動作確認したらそのまましまっておきましょ~ね(笑)

ではでは、この先手持ちのタマを差し替えて点灯試験なんぞやってみましょうという計画を立てつつ、今日のところはひとまずこの辺で・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿

記事の内容に無関係なコメント投稿はご遠慮下さい m(__)m
※「コメントの記入者:」欄で、「名前/URL」を選択すると、ペンネームのみで投稿いただけます。
※HTMLタグ(一部除く)、絵文字、テキストの装飾は使用できません。
※現時点で iPhoneからのコメント投稿ができない制限が判明しています。 ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい m(__)m