2017年11月5日日曜日

ありゃりゃ・・・ 橙色のジャンプワイヤーが足らんではないか(汗;

レッドボードでの実験環境。 これまでにも試作的な小規模回路を組み立てたは良いのだが、なかなかバラせないヤツが居座ってくれることが発生しがちだったため、何度か小さなブレッドボードを買い足した記憶がある。 当然のことだが、配線に使うためのジャンプワイヤーも消費するんでこちらも買い足しをすることになるのだが・・・。


い、本日のお題はこちらでごぜ~ます
少し前に秋月さんで購入した NECブランドの小信号用ラッチリレー EA2-5TNAG君。 早速コレを使ってオーディオ用途のセレクターに仕立て上げるための予備実験をしようと準備を始めたのだが・・・ 橙色 (穴3個分) のジャンプワイヤーが全然足りまへんがな(汗;


ちらが前回・・・ と言いながら 2015年01月ですな、同じく秋月さんで購入したジャンプワイヤーのセットなんだけど、減り具合の差が激しいのが苦しいところ。

私の場合、使用頻度順に並べてみるとこんな感じですかね。

  • 橙色 (穴3個分)
  • 黄色 (穴4個分)
  • 赤色 (穴2個分)
  • U字型 (隣接穴)

これ以上の長さのはほとんど使わず、せいぜい使っても緑色 (穴5個分) 位までかな。 それ以上になると単芯の固いワイヤーではなく、もっぱらより線にハンダメッキした柔らかい線材を使うようにしている次第。 最初の写真で水色の少し太い線材が何本か写っているが、意外と使い易いので長いのはそっちばっかりですな。 なので、長短均等に入っているセット品で長いのが余るのは当然の結果ということで


ャンプワイヤーが足りなくて工作がストップするのはマズイので、ささっと内職をば

こちらも前述のジャンプワイヤーを買い足すタイミングで買っていたワイヤーストリッピングゲージ」君。 買った直後に試しに加工してみて、その後はしばらく出番がなかったんだけど、今日は何だかんだと橙色と黄色の長い線材を切り詰めて再加工するのに大活躍してくれましたワ

ということで、本来の工作ネタは・・・ 次回に持ち越しということでゴメンナサイ・・・

2 件のコメント:

記事の内容に無関係なコメント投稿はご遠慮下さい m(__)m
※「コメントの記入者:」欄で、「名前/URL」を選択すると、ペンネームのみで投稿いただけます。
※HTMLタグ(一部除く)、絵文字、テキストの装飾は使用できません。
※現時点で iPhoneからのコメント投稿ができない制限が判明しています。 ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい m(__)m